HOME>ホットトピックス>血清を使用していない培地の種類とそれぞれの特徴

特定の種類の細胞を培養しやすい培地

女性

無血清培地として販売されている商品にはさまざまな種類があります。培地を作るための材料として血清を使用していないことがこれらの商品の共通点ですが、血清のかわりに使用されている素材は、それぞれの商品によって違いがあります。特定の種類の細胞を培養することに適している無血清培地もあり、人間の体の細胞を培養するための培地なども開発されています。上皮細胞や移植片など、さまざまな種類の細胞を培養しやすい商品が開発されていることが特徴です。

昆虫の細胞を培養するための培地

治験

無血清培地の中には、昆虫の細胞を培養するために開発された専門の商品もあります。昆虫の細胞を研究している専門家などに利用されていることが特徴の培地で、昆虫の細胞を培養しやすいように工夫されています。

栄養素などが使用されている培地

無血清培地の中には、細胞を効率的に培養しやすくするために、栄養素やホルモン製剤が使用されているものもあります。こうした種類の無血清細胞の特徴は、栄養素やホルモン製剤を使用することで、血清を使用することによる細胞培養上のデメリットを避けられることです。培養したい細胞の種類によっては血清を使用した培地が不向きなこともあるので、そのような場合には無血清培地を使用した方が、生産性が改善することも多いです。

広告募集中