HOME>注目記事>間葉系幹細胞の無血清培地の概要と関連企業

間葉系幹細胞用の無血清培地について

間葉系細胞用の無血清培地は、間葉系細胞の特徴を維持しながら長期的に培養できるように作られた培養地です。

無血清培地と関連のある主な企業一覧

  • 繊維芽細胞用の無血清培地を販売するコージンバイオ
  • リンパ球培養向け無血清培地のザルトリウス・ステディム・ジャパン
  • 間葉系幹細胞用の無血清培地の関東化学株式会社
  • 表皮角化無血清培地の極東製薬工業
  • 培地事業を行う株式会社ツーセル
  • 細胞培養成分を開発する岩井化学薬品株式会社
  • 培地開発を行う味の素ヘルシーサプライ株式会社
  • 株式会社バイオミメティクスシンパシーズ
  • 細胞培養関連製品を扱う株式会社フコク
  • 無血清培地を販売するロート製薬株式会社

複数のメーカーから確認をする

男性

実験に使う無血清培地を選択する上で非常に重要とされているのは、健康な細胞が適切に必要な量だけ生存できる環境を維持できることです。培地の種類により細胞の増殖率や生存率は非常に異なることから、適切な無血清培地を選択することは実験の成功に欠かせません。実験を適切に成功させることで研究を大きく進めることが可能となるため、適切に成長させるためのポイントを理解することが必要となります。また、成長した細胞が健康でいられる環境であるかどうかも、選択するためのポイントの一つとして認識されているポイントです。現在使用している培地で細胞の増殖率や生存率に関して調べておくことで、現在の物よりも良質な物を見つけることが課題となります。納得できる形で細胞増殖ができるようなものを選ぶためには、複数の企業で提供している物を確認することが重要です。

品質の高いメーカーを選ぶ

研究器具

無血清培地を選ぶ大きなポイントの一つに、適切な培地を提供している企業の物か、確認してから利用することが重要といえます。メーカーごとに品質に大きな違いがあるため、増殖率などに非常に影響が出ると考えられているのが重要といえるでしょう。ポイントです。

広告募集中