無血清培地とは?

血清の代わりに栄養素やホルモン製剤などが使用されている細胞培養のための培地で、血清の影響を受けません。

無血清培地がよく使われている場所ランキング

no.1

再生医療のための研究施設

無血清培地を使用して、生体組織から取り出した細胞を培養し再生医療に役立てています。

no.2

細胞の加工・管理をする細胞加工施設

細胞加工施設は無血清培地を使い検体の細胞を加工・管理して、細胞を生存させています。

no.3

再生医療の研究を行う公的機関

政府主導で行われている再生医療のプロジェクトなど、無血清培地を使用して研究が進められています。

no.4

再生医療に関わる製薬会社

製薬会社においても独自の細胞培養施設を併設している会社があり、無血清培地を使用た研究を行っています。

no.5

ベンチャー企業による研究施設

ベンチャー企業によって出資された研究施設でも、無血清培地を使用した細胞培養が行われています。

男性

効率よく実験を成功させるために

単純に無血清培地といっても、利用する用途により選択する範囲は異なるため、目的に応じて適切な物を選択することが必要です。種類が豊富だからこそ、考慮すべきポイントは多数存在しているためチェックするポイントを整理してから活用することが重要となります。細胞の形態をはじめ、細胞ごとの特徴などをも踏まえて活用することが可能となるため、慎重に選択しなければなりません。また、実験に必要となる時間などに関しても無血清培地を利用することにより調節できる可能性があることは知られています。抗生物質などを使用する実験などの場合にはできるだけ使用しないほうが、結果を適切に出せるため、理解しておくことも忘れないでください。

組成を効率よく進められる

細胞組成や増殖がうまくいっておらず、研究を進めることができないと嘆いている人に無血清培地をすすめる人が多いです。無血清培地を活用することで細胞機能の正確な評価が可能となるため、研究結果を効率よく進めることが可能となっています。また、一貫性のあるパフォーマンスを実現できるようになっていることから、実験時の細胞増殖及び生産性の向上につながることも事実です。明確な組成を期待している人や、細胞を効率よくコントロールしたいと考えている人は目的に合わせて利用したほうがいいといえます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中